2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.12 (Sun)

五嶋みどりさんコンサート

今日は福島市音楽堂へ行って来ました。
五嶋みどりさんの演奏会です。

プログラムはAプログラムでした。
モーツァルト: ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 K.526
ブラームス: ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番ト長調 Op.78
ウェーベルン:「4つの小品」 Op.7
ベートーヴェン: ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調「クロイツェル」 Op.47

ステージ奥に構えるパイプオルガンの荘厳さに圧倒されます。クラシック向きの佇まいのホールでした♬

「クロイツェル」の演奏には感動しまくりです。言葉にしようがありません。
それ以上に驚いたのがウェーベルン「4つの小品」微かに聴こえる様な音をどうやって出すんだろう(・・?)
誰かが咳でもしたら聴こえない様な小さな音。会場内は無音でした。

もう一つの驚きは、みどりさんって喋らないお人なのですね。
アンコール時に「ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女を演奏します」しか話しませんでした。
それと、休憩時間にピアノの調律するんだ~(゚o゚;;

演奏会終了後、カーネギーホールでの演奏のDVDを購入して握手とサインをしていただきました\(^o^)/
小柄な方のイメージでしたが思っていた程、小柄なではありませんでしたf^_^;)

みどり

スポンサーサイト
22:42  |  コンサート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.01 (Tue)

懐かしいコンサート

今日から3月、春も間近...ですが、雪が降ったり雨が降ったりと落ち着かない天気が続いていますね。

春の曲と言えばベートーヴェンのヴァイオリンソナタ「春」やヴィヴァルディの「四季」の<春>が頭を過ぎります。

クラシックとは違いますが僕が学生時代に言ったコンサートの映像を発見したのでそれを貼り付けてみました。
ユーミンのド派手な演出のコンサートに行くのが毎年の恒例行事になっていました。
これはユーミン初のセンターステージでした。中盤の1曲で観客が1名ステージに上がり、ユーミンとデュエットする「超贅沢なカラオケボックス」なんていうのもあったツアーです。
アリーナのセンターステージでなんて、今思うと自分が当たらなくて良かったな~

Yumi Matsutoya THE DANCING SUN TOUR 1994-1995より「春よ、来い」

INTO THE DANCING SUN [DVD]



セットリスト
1.Nobody Else
2.Happy Birthday to You~ヴィーナスの誕生
3.砂の惑星
4.満月のフォーチュン
5.XYZING XYZING
6.Sign of the time
7.HOZHO GHO
8.やさしさに包まれたなら (アンプラグド)
9.心ほどいて(アンプラグド)
10.愛のWAVE
11.青春のリグレット
12.GET AWAY
13.SWEET DREAMS
14.Good-bye friend~Hello, my friend
15.天国のドア
16.真夏の夜の夢
EC1 恋の一時間は孤独の千年
EC2 WANDERERS
EC3 春よ、来い
23:08  |  コンサート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.13 (Sun)

オーケストラ鑑賞

今日は福島市の市民オーケストラのお友達から招待され市民オケの定期演奏会を鑑賞してきました♪( ´▽`)

車で行こうと思っていましたが週末からの雪。
お友達がFacebookにUPしてくれた画像も一面の銀世界、道路がないと…(; ̄O ̄)

久しぶりに電車で行こう。家から駅まではバスで移動、バスも久しぶり。
福島駅までは新幹線だと一駅だけど普通列車ものんびり、マッタリと新鮮。高校時代を思い出します。通学の時を思い出すな~などど感傷に浸るのも束の間、音楽聴きながらでもCD1枚もかからない。電車も福島に近づいてきて、そろそろ窓の外は雪かな?と思ったらそれ程ない。

福島駅に着いたら、雪がない~雪~雪はどこ?昨日の写真は幻か???

福島駅からはバスで会場まで、しかも福島市ってバスが100円、ワンコインバスだった(゚o゚;;
郡山市は初乗りで100円だよ~(ーー;)

無事に会場に到着、事前にどの辺りで演奏するのか確認したのでそこが見える位置に潜伏。
Facebookには開演間近の舞台袖からの画像が( ̄▽ ̄)
1列目も空いていましたが首が痛くなるし、プレッシャーになっても悪いので少し控えめの位置から鑑賞。

曲目

    ベートーヴェン レオノーレ序曲第3番 作品72b

    マーラー             交響曲第5番 嬰ハ短調

    指揮      下野   竜也

生のオーケストラなんでここ何年も聴いておりません。
聴覚、視覚、そしてヒシヒシと伝わる空気感。思う存分堪能させて頂きました。

何時の日か、このステージに立ってみたいと密かな野望を…( ̄▽ ̄)
おじいちゃんになるかもーしれませんが…f^_^;)

福島市民オーケストラの皆様、ヴァイオリンのTさん、素敵な演奏ありがとうございました。それから、お疲れ様でございましたm(._.)m



22:20  |  コンサート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.22 (Sat)

川井郁子さんコンサート

川井郁子 10th アニバーサリーツアー "REBORN" に行ってきました。

前日のレッスン時に先生から彼女の演奏は独特だから驚くわよ、とお話ありワクワクo(^▽^)o

お天気が良かったので会場までてくてくと徒歩で向かいました。いつもは車で通り過ぎる道も徒歩だと新鮮。

会場入りして真っ先の驚きはピアノの他に右側に譜面台と椅子がある??

川井さんはステージ中央での演奏だろうし譜面台と椅子はいったい?

そして会場が暗くなり開演、男性二名が登場、一人はチェロでした。

ピアノとチェロの演奏がはじまり川井郁子さん登場。

オープニングから驚きです、曲はリベルタンゴでした(⌒▽⌒)
しかもバイオリン弾きながらステップ踏んでヒールでステージの床をカツーンと鳴らし視線は客席を見たり空を見たり(;゜0゜)

まさしく驚きです、踊りバヨ。ピアノとチェロのトリオ編成。

途中、チェロがステージから去りピアノ伴奏での演奏あり、ステージをヒールで鳴らしまくりステージまで楽器になっているー、無伴奏での演奏もありました。

途中の休憩時間では川井さんのサイン会もあり、普通は終演後では?なんとパワフルな(゚o゚;;

後半は情熱的な赤のドレスで登場。

ここでもピアノの周りをステップ踏みながら演奏。あんなに動き回りながらよく演奏出来るなぁ~しかもリズムに合わせて体をくねらせて。

あっという間に終演時間になりました。

アンコールはご自身の思い出とともに『浜辺の歌』をしっとりと演奏。

終演後にCDにサインを頂き握手もして頂きました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

最初から最後まで驚きのコンサートでした、やはり生の演奏は良いですね♪( ´▽`)



23:27  |  コンサート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。